FC2ブログ

ヘアーワークスY's

飽くなき美への追求集団の徒然



ヘアビューザーを、使用中の写真です。


オーナー・ヨーコでございますm(_ _)m


今朝ほど、お客様とお話ししていたら、ヘアビューザーのクールの使い方などについて、ハッキリとしたご理解が得られてないと感じました。


すべてのお客様に、ご理解いただき、正しく使っていただけるように努めてはいるのですが、なかなか根気が必要であると思います。抜け落ちている事も多いと思いますので、改めてご説明をさせていただきます。


今までのドライヤーとは違い、ヘアビューザーは電磁波は出ませんので、この写真のように頭皮に直接当ててくださっても大丈夫です。


タオルドライをしてから、まず、毛穴をしっかり乾かしてください。


下から上に向かって、ホットとクールを交互にスイッチの切り替えをしながら乾かしていくと、内側の方の残っている水分も蒸発しやすいです。ホットだけで乾かしても良いのですが、地肌近くに当てると熱いので、念の為、クールのかぜと併用された方がいいと思います。


全体に、根元が乾いて、髪がふんわり起きてきたら、髪の長い方は、毛先の方に向かって、キューティクルを撫でるように、ホットの風を当てて全体を乾かしていただき、乾いたらクールの風を全体に毛穴に入れてください。
その時に、毛先が絡まりやすかったり、パサつきが感じられる場合は、その毛束の地肌の毛穴にクールを入れていただくと、毛先が変化していくのを感じられると思います。


短い方は、根元がふんわりした時点で、ある程度髪は乾いていると思いますので、直接クールの風を毛穴に入れていってください。


最後に、手で、髪を撫でるように、ホットの風を満遍なく当てて終了です。


顔のたるみや、乾燥が気になる方や、首の下の方から、クールの風を当ててみてください。


ドライアイなどの方も、モノは試し。弱いクールの風を下の方から、目を開いたままで、そっと当ててみてください。


鼻から、吸い込んでみても乾燥するどころか、潤ってくることを感じられると思います。


ヘアビューザー、せっかくお持ちなのですから、単なるちょっと高いドライヤーなどでは無いことを是非とも、ご自身でお確かめくださいね~~^ ^


その時に、一番大事なことを一つだけ挙げるとするならば…


毛穴に入れるということを意識するという事です❣️


そこに注意をしっかり向ける事って、予想以上に大事で結果が変わってくることなのだと是非知ってくださいね。
何気無くやるのと意識してやるのは雲泥の差です。


いつの間にか、普通のドライヤーにしてしまってたら勿体無いですよ~~^ ^

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
RSSリンクの表示