fc2ブログ

ヘアーワークスY's

飽くなき美への追求集団の徒然




朝夕に、肌寒さを感じる季節、体調万全ですか?オーナー・ヨーコでございますm(__)m


この写真は、近江八幡に古くからある、菓子善の「茶玉」と「黒田主」という、ニッキの飴です。


以前、フェイスブックの友達が、お二人、それぞれに瀬田の「たにし飴」と、竜王の正栄堂の「田のし飴」という、ニッキ飴を、紹介されてました。


近江八幡にもあるよと言う事で、先日、八幡ボリ祭りの際に白雲館で見つけた、本当に物心がついたころから、食べていたニッキ飴を買いました。


因みに、茶玉の方が甘いです。黒田主はニッキーです(゜o゜)


何度、茶玉には殺されかけたことか・・・(;一_一)・・・(別に攻撃を仕掛けてくるわけじゃなく、遊んでて喉に詰まらせただけですが(・・;))


私的には、黒田主の方が、お好みです♪


舐めてると、薄くなってきて、いつの間にかなくなったと思ってたら、上あごにくっついてたりして、その場所がヒリヒリするんですが・・・(@_@;)


それにしても、滋賀県内だけでも、こんなに沢山の語り継がれるニッキ飴があると言う事は、多分、その街ごとに、皆に愛されつづけているニッキ飴があるはずですよねーiconN06


そういえば、「止められないのよーー!」と言って、狂ったようにニッキ飴を食べてたお客さんが居られたナ・・・


と言う事で、チョット調べてみたら・・・(ここは、桑原風に?)


ニッキと、シナモンは少々違うようですね・・


「シナモン、ニッキともクスノキの一種の樹皮をはぎ取って乾燥させた物です。日本名は桂皮または肉桂。 樹皮を丸めて棒状にしたものと、粉にしたものが売られています。 厳密にはシナモンと呼べるのはスリランカ産だけです。
シナモン、ニッキともクスノキ科の近縁種ですが、植物としての種類が違います。」


ホーー(゜o゜) って、この顔ばっかりになる私ですが・・・


昔からの、町で村で、細ーく・長ーく続いているお菓子屋さんによって、守られてる様な伝統あるニッキ飴が一堂に会したら面白いし、何か嬉しい気がするのは私だけ(?_?)


いやいや、きっと多くのニッキ飴ファンがいる筈!


そういえば、さっき少し調べたら「舌がしびれるようなニッキ飴を探しています!」とか、書いてる人がいたなァ(そんなん食べて、間違って熱いお茶を飲んだりしたら、もう大変やん(>_<)・・でも、オモシロイかも・)


(本当は、ニッキ飴から、考えさせてもらったことがあって、それを書きたかったのに・・・アカン、集中し過ぎたな(-_-)・・)


何となく「黒田主」だの、「田のし飴」だのという名前が付いてるのは、昔から田んぼで仕事をしながら食べてたのかなァって思いません?(上あご痛いとか、ヒリヒリするーとか言いながら・・・)笑


では、又、美のお話を(^_-)-☆
最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
RSSリンクの表示